One more time One more chance耳麿惇


  ゞOne more time One more chance〃頁晩云擬處仟今穫噐2007定窟下議強鮫窮唹ゞ昼堀5舌致〃議潤硫爆。

  參和頁葎廨壇艇屁尖議One more time One more chance耳麿惇。錬李艇氏浪散。

  One more time One more chance耳麿惇
One more time One more chance耳麿惇One more time One more chance耳麿惇One more time One more chance耳麿惇One more time One more chance耳麿惇One more time One more chance耳麿惇One more time One more chance耳麿惇One more time One more chance耳麿惇

  One more time One more chance梧簡

  これ いじょう なに を うしな えば こころ は ゆる されるの

  これ 參貧 採 を 払 えば 伉 は 俯 されるの

  どれほどの いた みならば もう いちどきみ に あ える

  どれほどの 祐 みならば もう 匯業埴 に 氏 える

  one more time きせつ よ うつろわないで

  one more time 湿准 よ うつろわないで

  one more time ふざけあった じかん よ

  one more time ふざけあった 扮寂 よ

  く い ちが うときはいつも ぼく が さき に お れたね

  奮 い 離 うときはいつも 突 が 枠 に 孵 れたね

  わがままな せいかく が なおさら いと しくさせた

  わがままな 來鯉 が なおさら 握 しくさせた

  one more chance きおく に あし を と られて

  one more chance 芝吮 に 怎 を 函 られて

  one more chance つぎ の ばしょ を えら べない

  one more chance 肝 の 魁侭 を 僉 べない

  いつでも さが しているよ どっかに きみ の すがた を

  いつでも 箸 しているよ どっかに 埴 の 徊 を

  む かいのホ`ム ろじうら の まど

   かいのホ`ム 揃仇Y の

  こんなとこにいるはずもないのに

  こんなとこにいるはずもないのに

  ねがいがもしも かな うなら いま すぐ きみ のもとへ

  垳 いがもしも 匐 うなら 書 すぐ 埴 のもとへ

  できないことはもう なに もない

  できないことはもう 採 もない

  すべ てかけて だ きしめてみせるよ

  畠 てかけて 宇 きしめてみせるよ

  さびしさ まぎ らすだけなら だれ でもいいはずなのに

  偲しさ 計 らすだけなら 豊 でもいいはずなのに

  ほし が お ちそうな よる だから じぶん を いつわ れない

  佛 が 鯛 ちそうな 匚 だから 徭蛍 を 留 れない

  one more time きせつ よ うつろわないで

  one more time 湿准 よ うつろわないで

  one more time ふざけあった じかん よ

  one more time ふざけあった 扮寂 よ

  いつでも さが しているよ どっかに きみ の すがた を

  いつでも しているよ どっかに 埴 の 徊 を

  こうさてん でも ゆめ の なか でも

  住餓泣 でも 知 の 嶄 でも

  こんなとこにいるはずもないのに

  こんなとこにいるはずもないのに

  きせき がもしも お こるなら いま すぐ きみ に み せたい

  謎治 がもしも 軟 こるなら 書 すぐ 埴 に 需 せたい

  あたら しい あさ これからの ぼく

  仟 しい 劾 これからの 突

  い えなかった ずき という ことば も

  冱 えなかった 挫き という 冱匐 も

  なつ の おも い で がまわる ふいに き えた こどう

  歪 の 房 い 竃 がまわる ふいに えた 皇強

  いつでも さが しているよ どっかに きみ の すがた を

  いつでも しているよ どっかに 埴 の 徊 を

  あ け かた の まち さくらぎちょう で

  苧 け 圭 の 瞬 @直隨 で

  こんなとこに く るはずもないのに

  こんなとこに 栖 るはずもないのに

  ねが いがもしも かな うなら

  垳 いがもしも 匐 うなら

  いま すぐ きみ のもとへ

  書 すぐ 埴 のもとへ

  できないことは もう なに も な い

  できないことは もう 採 も 涙 い

  すべ てかけて だ きしめてみせるよ

  畠 てかけて 宇 きしめてみせるよ

  いつでも さが しているよ どっかに きみ のかけらを

  いつでも しているよ どっかに 埴 のかけらを

  たびさき の みせ しんぶん の すみ